行政書士の学習期間を短縮する方法を伝授!

メンズ

子供に関わる仕事とは

保育士の資格を取得する方法ですが、大学や短大など厚生労働大臣が指定した保育士養成学校を卒業すると、自動的に取得できるシステムになっています。養成学校に通っていなくても、試験に受かれば取得できます。条件は、大学や短大を卒業している事、また、高卒の方でも福祉施設で実務経験があれば試験を受けられます。

予備校に頼るのも手段

勉強

早く合格するには

行政書士は、法律関係の資格試験の中では標準程度の難しさの試験だと言われています。最も難しいと言われている司法試験よりは容易ですが、倍率が低いわけではなく、簡単に合格できるほど甘いものではありません。行政書士を一筋で合格を目指す人もいれば、司法試験の勉強をする過程の中で行政書士の試験を受けるという人もいます。司法試験と行政書士試験は試験科目などが似ているので、両立して資格を目指せるのも特徴です。では、具体的にどれくらいの学習期間で試験に合格できるのか。もちろん個人差はありますが、平均して2年か3年程度で合格できると言われています。大学で法学部で学んで法律の最低限の知識がある人ならば、もっと早いかもしれません。勉強方法は、予備校に通って勉強をする人が大半ですが、中には独学で勉強を頑張る人もいます。お金を節約しようと独学で勉強をする人もいますが、勉強がうまく行かず、結果的に学習期間が長くなってしまうこともあります。急がば回れと言いますが、最初からプロの先生に教わった方が短い学習期間で合格できるかもしれません。めでたく行政書士試験に合格すれば、晴れて行政書士として仕事ができます。具体的には、法律に関する書類の作成や提出、市民の法律相談などを行います。若い人だけでなく、社会経験を積んでから行政書士を目指す例もあります。定年がない仕事なので、自分の納得いくまで社会に出て仕事ができるのが魅力です。それだけに、できるだけ短い学習期間で合格を目指すべきです。

女の人

就職後でも遅くない

世界の市場がグローバルになることで、就職時に英語の資格が必要なところも出てきています。また、入社後に必要となる知識、資格については仕事をしながらビジネススクールに通うか、インターネットで受講することで取得することが可能です。

メンズ

プラスとなるスキル

ビジネスを円滑に行う上で、マネジメントはとても重要です。それゆえに関連資格に注目が集まっており、転職や就職が有利なことはもちろん、在職中の仕事に関してもプラスに働くこともあり、資格取得に挑戦する人も増加傾向にあります。